2008年12月24日

店長スギの古着講座

ぴかぴか(新しい)クリスマスMerry X'masクリスマスぴかぴか(新しい)

a-DSC01486.jpg


こんにちはわーい(嬉しい顔)スギです手(パー)

営業終了後、非常に身近なFeeetの友人より頂きましたexclamation×2


T君ありがとうございますexclamation×2そしていただきますわーい(嬉しい顔)手(パー)

早速ですが、みんな今日は早く帰りたいにきまってるので…


飛ばし気味ですが、早速授業開始ッス手(グー)


今日の古着講座は『攻略!!VINTAGE SWEAT』…『年代判別編』
前回講座では5つのステッチを紹介させて頂きました。Vスウェットの場合、主に2本針、4本針(フラットシーマ)を使用されている事が多く、年代判別の際よく見られる場所でもあります。


基礎知識として2本針のほうが4本針に比べ古いディテールだと言われています。このように言われるのが、10'S〜30'Sにみられるウール地を使用していた頃のスウェットがほぼ2本針で縫製されているところからなのではないかと思っています。



しかし、私が講座している年代、40年代〜60年代に至ってはこのステッチの年代判別が難しく、非常に多種あります。

どういう事?なぜ?かといいますと、推測ですが50年代を前後して、ある規定の中でこの2つのステッチを使い分けていたのではないでしょうか。

ある規定というのが『強度』、つまり『品質』です。




この品質を向上させるため、また他社にはない自社オリジナルのステッチの使い分けで自社製品をアピールする、まさに切磋琢磨されていた時代なだけに数多くの種類が存在のではないでしょうか。

それだけにやはり2本針、4本針だけでの年代判別は危険であり、全てを見た上で判断して頂きたいのです。



今日はそんな各ブランドのステッチの使い分けの違いをチェックしてみましょう。


まずは40年代〜50年代と言われるディテール『両V』を持つスウェットです。

a-DSC01482.jpg

a-DSC01483.jpg

首回りは4本針(フラットシーマ)仕様となり、他はすべて2本針を使用しています。

これはFeeetにある複数の両Vスウェットがこのステッチだったことから、レギュラーなステッチとして講座致しました。もちろんイレギュラーなものも存在すると思います。




王道『Champion』
a-DSC01465.jpg

1950年代製ランナーズタグ

a-DSC01480.jpg


a-DSC01481.jpg


こちらも両V同様、首回りの4本針(フラットシーマ)以外はすべて2本針仕様となっており、他ランタグを見てもすべてこのステッチでした。

ちなみに

チャンピオンのスウェットと言えば忘れてはいけないものがもう一つあります。


a-DSC01468.jpg

『リバースウィーブ』こちらは単色の70年代ですが、たたきタグの60年代を見ると

a-DSC01475.jpg

脇下部分のリブが付く場所のみ4本針を使用。他はすべて2本針です。これはすべてのリバースウィーブに言えることで間違いなさそうです。


a-DSC01469.jpg


スヌーピースウェットで有名な『SPRUCE』こちらはラグランスリーブ60年代製とみて間違い無いでしょう。

a-DSC01470.jpg

a-DSC01471.jpg

a-DSC01473.jpg

首回りとはらまきが2本針でそれ以外が4本針(フラットシーマ)。


そして、古着市場では比較的よく見かける前Vスウェット。その多くにこんなタグが付いているのを見た事はないでしょうか。

a-DSC01463.jpg

確定ではないのですが、『RUSSEL SOTHERN』ではないかとの説が有力です。こちらも複数枚の同じステッチから確認しました。

a-DSC01478.jpg

a-DSC01479.jpg

首回りの2本針以外すべて4本針(フラットシーマ)となっています。
前Vの縁取りも両Vと違い、4本針(フラットシーマ)です。



a-DSC01464.jpg

こちらもよく目にするブランドですね。
『HANES』WIND SHIELDです。

a-DSC01484.jpg

a-DSC01485.jpg

こちらはラグラン部分が内縫い仕様となっています。70年代スウェットから多く取り入れられてくる仕様ではありますが、こちらは長リブ、はらまき、そしてこのブランドタグを持つところから60年代と判断できます。


以上、少しではありますがブランドによる違いを見て頂きました。

やはり、2本針から4本針の流れというのは否めませんが、断定とまでは言いきれないことが分かります。


まだまだブランドの数もさることながら隠された判断ポイントも多々あると思います。今後も色々と調べていきますのでご期待下さい。

それでは皆さんexclamation×2良いX'masをわーい(嬉しい顔)手(パー)
posted by feeet 店員 at 21:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
先日のブログであった写真が見えない人…と言うことが書いてありましたが私の携帯でも見れません。
数日前からなので気になる写真がたくさんあるので直していただけると嬉しいです。
今後も楽しみにしています。
Posted by もり at 2008年12月24日 22:21
もり様>
大変申し訳ありません!明日より早速対策していきたいと思います。ご指摘ありがとうございました。もうしばらくお待ち下さい。
Posted by ハラダ at 2008年12月24日 22:45
おヒサ、杉君!!
久々の登場だーーーいっ♪
ちょっと余裕が出てきて、ブログ見れてるよ!!でも、もう寝ないと、朝早いから(^^;)
あとクリスマスプレゼントを用意してね!!チビ達に♪ 俺はナッシングゥ〜〜〜(笑)。

うーーんっ、判別はいろいろあるね。ちょっとは知ってるけど。また、個人的にいろいろ教えておーーーっ!!!
っと、年末か年始の、どっちかに行こうと思ってるから♪喋りに、試着に、おねだりに(笑)。
また、連絡、コメすんね!
それと、前にLOVEのバックル買ったんだけどベルトが無くて。
要らない長めのベルトちょーだいっっ♪ 早速おねだり(笑)マジで★ 革のベルト1つも持ってなくて(T_T;)泣けるぜーっ…。
使いたいけど、付けるベルトが無くて(笑)。昔から結構ノーベルト主義で。
プレゼント期待してます♪ マジっすよ!ウィッシュ★
Posted by 松本 at 2008年12月24日 23:02
松本さんへ

久々コメントありがとうございまーす!!

ご来店のお勧めはやっぱり年始のスペシャルを…いやっ、SALE中の年内か…ん"〜どちらも来て下さい(笑)

ベルトのバックル無し、ストックないかチェックしておきますね!!おねだりにはお答えできないですが…すんません!!

次回からはまた違うネタで講座開始しますのでチェックお願いします!!
Posted by スギ at 2008年12月27日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24724486
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック