2012年04月14日

店長スギの入荷情報

こんにちはわーい(嬉しい顔)スギです手(パー)


前回、前々回と【王道アメカジ】を商材に選び、ご紹介している私のブログですが



店内商品をじっくり見まわすと、紹介されていないアメカジアイテムが、思いのほか多く



本日も引き続き、アメカジアイテムを中心にご紹介させていただきますexclamation×2





と、そもそもアメカジ、アメカジと連呼しておりますが、そもそもアメカジとは…



この説明には非常に曖昧な箇所、大まかな点は御座いますが、私なりの解釈をお伝えできればと思います。

【アメカジ】、その言葉がファッション雑誌等でも目立ちだしたのは、私の知る限り、90年代の中盤から後半位だと記憶しております。
アメカジ=アメリカンカジュアルの略で、定義としてはアメリカの学生をイメージ、連想するスタイルの総称で、ジーンズにネルシャツ、Teeといったシンプルなスタイルの総称として書かれていることが多いです。

ただ私がアメカジと出会った90年代後半は、【古着】を通じてアメカジがファッションシーンに進出していた時代で、主に、古着=アメリカの中古衣料であるため、ジーンズはLevi's、シャツはラルフローレン、スニーカーはNIKE、ブーツはレッドウィング…etcと少々偏ってはいますが、それらがアメカジの定番スタイルであり、ブランドという概念をたたきこまれました。


実際、そのスタイルがアメカジというのは間違いではないと思うのですが、幅広く服飾に携わる諸先輩の方々からすると違う意見もあると思います。


定番としては、デニム部門にLevi's,Lee,Wranglerといったデニム御三家を主に、ストアブランドからワークデニム、ウエスタンブランドからシャツ、ミリタリーデニム等などどのアメカジジャンルにもデニムはマストなアイテムです。

定番シャツとしては、上述のラルフももちろんですが、【ネルシャツ】もアメカジの定番シャツとして外せません。


2012-0414-062.jpg

BIG MAC ヘビーネルシャツ
5900円+TAX



その代表格として今なお君臨するのがこちら【BIG MAC】。J.C.Pennyのプライベートブランドとして1922年にスタートしたブランド。主にカバーオールやオーバーオールといったワークアイテムを主に、アメリカの産業成長を支えたワーカー達御用達に愛されたブランド。

こちらは70年代製。赤の多いネルシャツの中で、ベージュベースはカジュアル度を上げ、春らしい装いにピッタリの色合いです。

コットン100%、サイズ表記Mです。




2012-0414-070.jpg

Levi's ヘビーネルシャツ
5900円+TAX



続いて、デニムの御三家Levi'sからもネルシャツはリリースされております。

他との差別化の為か、Levi'sタブが胸ポケに、505や517に見られる銅ボタンがトップボタン以外の箇所に装備されています。

バックスタイルを見るとウエストには絞りのためのゴムを施されていますが、おそらく当時の持主が施したものではと思われます。

こちらも70年代という時代のセンスを感じるぽいんとして、あえてこのままお店に出させていただきます。

DSC01965.jpg






2012-0414-053.jpg

VINTAGE ヘビーネルシャツ
9900円+TAX


こちらは、先程の2枚とは一昔遡り60年代のネルシャツとなります。
おそらくBIG MACのもので間違いなさそうですが、タグが欠損しておりますので確定ではございません。

定番ですが、黒×赤×白と最高のコンビネーションです!!

アメカジスタイルのシンプルな一枚として、これぞという一枚です!!




と、ネルシャツはアメカジの定番シャツとして、各ジャンル、各ブランドから多くリリースされたアイテムです。
本日は60年代~70年代の3枚をご紹介しましたが、ネルシャツの起源は古く、ネル地を使用したJKやシャツでも非常に古いものも存在します。



続いては、先日のアメカジブログでもご紹介した【リバーシブルTee】

こちらもアメカジスタイルの定番Teeの中で不動の人気を誇るアイテムで

主にカレッジプリント、ミリタリー無地がその二強ではないでしょうか。

本日の一枚は黄×黒のナイスコンビの一枚。


2012-0414-079.jpg2012-0414-081.jpg

リバーシブルT/S
5900円+TAX



黄色面にカレッジプリントが施され、黒面は無地となります。
裾のタグが取り外されておりますが、肉厚さの控えられた地薄で着やすい感じはおそらくChampionではないかなぁと推測しています。



さて、アメカジの定番ブーツと言えば、先程も述べた

【Red Wing】


本日ご紹介の一足は


最近(?)、再度復刻されたスーパーソールを搭載したこちら!!



2012-0414-096.jpg2012-0414-100.jpg

REDWING 204 レザーブーツ
15900円+TAX


90年代のレッドウィングブームの主役はクレープソール、通称ホワイトソールを搭載した875等で、それが無いとアメカジスタイルではないと言っても過言ではない位の盛り上がり、欠かせないアイテムでした。

その影で、靴底の耐久性という機能美、人とは被りたくない、等など少数派に支持を受けていたのがこのスーパーソール。

実際、今でもその順位は変わらないのかなぁとは思うのですが、その差は縮まっているのではと感じます。



少数派という点では


当時から今でもあえて王道は外すという流れはどのジャンルにも必ずあります。


続いては


2012-0414-111.jpg2012-0414-114.jpg

adidas マウンテンスニーカー ユーゴスラビア製
7900円+TAX


ユーゴ製ADSのマウンテンスニーカー!!
先日、ご紹介したNIKEアプローチ同様、70年代~80年代にかけて流行したヘビーデューティ期にADSが投入したと思われる山系スニーカー。

アプローチ同様、履き口にはベタベタが付いていたものと思われますが、全てキレイに取れており(始めからなかったのかもしれません)、非常にフワフワ、手触りの良いウール地となっています。



こんな足元で王道外しなスタイルに挑戦も面白いですよ♪




さて、それでは本日のバンダナは


同ブランド物を2点

2012-0414-085.jpg

OSHKOSH ドット柄バンダナ
500円+TAX



ご存知、オシュコシュはウィスコンシン州オシュコシュに1895年に創業し、農民と鉄道労働者のためにウェアーの生産を始めました。

こちらの一枚はよく見る60~70年代くらいの一枚なんですが





2012-0414-091.jpg


OSHKOSH ドット柄バンダナ
2900円+TAX


こちらは少々様子が違います。

OSH KOSHのフォント等、古さを感じますよね。

その通りでこちらは50年代の物として、一気に市場価格が変わって来ます。

NAVYカラーの物も存在しますので、是非コレクションの一枚に♪




バンダナ休憩はこの辺で、ラストスパートです!!



2012-0414-044.jpg2012-0414-045.jpg

VINTAGE サマーニット
15900円+TAX



まさにこの時期を待っていました!!

半袖スウェットならぬ、半袖ニットの投入です。


50年代製が市場の大半で、おそらく時代のニーズ等を考えても、その後60年代には徐々に作られなくなっていったアイテムではないでしょうか。

本日の様なゲームバードを織ったものや


幾何学模様

乗馬柄


本日と同じくケームバード

そしてマリン柄


アメカジに話を戻しますと、アメカジというジャンルを''アメリカを感じるスタイル''としてくくるならば、その中には、50'sスタイルもはいってくるのではないでしょうか。


是非、この夏はお試しください!!



2012-0414-035.jpg2012-0414-036.jpg

RALPH フード付きストライプJKT
5900円+TAX



ラストはアメカジの大御所、ラルフローレンから、春らしい一枚を、スズキックスの着用画像と共にお届け致します。

私はいつも、この赤白のストライプを見ると、アメリカのアイスクリーム屋さんを連想するのですが、なかなかご理解頂けません。

フード付きのタイプも珍しい一枚ですよ。

DSC01976.jpg


アメカジブームから約20年、色々と紆余曲折するファッションシーンですが、変わらぬスタイルがアメカジにあり、いつでも、だれでも気軽に楽しめるファッションこそ、アメカジではないでしょうか。
男にはたまらないウンチクの世界もあり、コレクタブルな世界もあり、奥深さという点でも未体験の方には是非一度体験してほしい世界でもあります!!



では、本日は以上となります。


通販について

Lalaホームページ


ブログ最新情報はこちらから (15時以降にいち早くチェックできます)


WEBSHOPはこちらから





posted by feeet 店員 at 21:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

サブのPICKUP by Feeet2ND

こんばんは。



サブです。



自分は普段自転車通勤なんですが、去年実家からバイクを持ってきました。



しかし原因不明のトラブルで現在故障中なんです。



それからしばらく経つのですが、最近バイクのミラーに張り紙が・・・



このバイク3万円で売ってください。



この張り紙ただの業者ではなく、なんと



ノートの切れ端に書いて貼り付けてあるんです。完全に個人依頼です笑



しかし不思議な事に連絡先は書いてないんです・・・



ようやく最近暖かくなってきたので早く直して愛車のエンジン音を聞きたいんです。



そんな時に着たいJKTを今日はご紹介します。



それでは、サブのPICKUPです。













R1067077.jpg







R1067078.jpg








R1067079.jpg









R1067080.jpg










R1067081.jpg









R1067082.jpg








R1067084.jpg








R1067085.jpg












R1067086.jpg

VINTAGE 70's BATES LEATHER JACKET
39900円+TAX




本日はライダースJKTやレザーのオーバーオールの常識を覆したブランド

“BATES”

のご紹介です。

当時レザーのオーバーオールは黒一色が常識でしたが、そこに目をつけカラフルなデザインをレザー

に取り入れバイクとライダーをコーディネイトする時代の先駆けたBATES。

ブランドの歴史は・・・レザースーツやアクセサリーパーツメーカーとして1963年に誕生します。

映画「イージー・ライダー」でピーター・フォンダが着用したことや、スティーブ・マックイーンも

愛用してたそうです。、

そんな今日のBATESはとにかくコンディションが良いです。

しいて言えば右肩に少しレザーの擦れ、左脇下にレザーの擦れがある程度でその他は

しっかりメンテナンスされていたのでしょう。ジップもスムーズに可動します。

フロントはTALONジップ

袖はSERVALジップを使用しています。

そしてサイズです。

38!!

是非このサイズを実際に実感してみてください。










続いては












R1067087.jpg








R1067088.jpg









R1067089.jpg









R1067090.jpg










R1067091.jpg









R1067092.jpg








R1067093.jpg








R1067094.jpg











R1067095.jpg









R1067102.jpg








R1067105.jpg

Green Field オイルドJKT
19900円+TAX




自分は初めて見るブランドです“GREEN FIELD”調べてみたのですが

詳細は分かりませんでした。

こちら恐らく80.90年代頃と思われます。

ショルダー、エルボーパッチを見るにライダース仕様のこちら

表記がXLなんですが自分が着用してかなり良いサイズなので

ボーイズサイズと思われます。

首元のストラップやフロントのベルト、ショルダーパッチ、エルボーパッチは

barbourやBelstaffを意識して作られたと思われます。

スナップボタンの形状やジップもそっくりですね。

ボーイズサイズなのでアームがとてもタイトな作りをしています。

まだまだオイルもしっかり残っていますよ。





本日もありがとうございました。





Feeet 2nd、Lalaは

4月9日(月)からサービス向上の為、営業時間が変更致しました。


平日 12:30 〜 20:00

土日・祝日 11:00 〜 20:00



平日のOPEN時間が12:30へと変更になりましたので

ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い致します。


尚、Feeet本店は変わらず11時OPENです。




【Feeet 2nd】
名古屋市中区大須3-12-43 安田ビル2F
11:00〜20:00
052-242-7599

スタッフ募集中


通販について

Lalaホームページ


ブログ最新情報はこちらから (15時以降にいち早くチェックできます)


WEBSHOPはこちらから
posted by feeet 店員 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記