2011年10月26日

店長スギの古着講座

こんにちは手(パー)スギですわーい(嬉しい顔)


本日の講座は今秋&今冬【Feeet 2nd】オススメアウターぴかぴか(新しい)


DSC00317.jpg

【ダッフルコート】の講座になりますexclamation×2

それでは早速授業開始ッス手(グー)

2011-1026-147.jpg

手袋をしたまま留め外しのできるトグルのコート。

2011-1026-144.jpg
2011-1026-145.jpg



ベルギーのアントワープ近郊の都市ダッフルで作られた起毛仕上げの厚手のメルトン生地を使ったことから『ダッフルコート』と呼ばれるようになりました。

まだ歴史は浅く一般的になったのは18世紀頃からです。もともとは労働者の為に作られた作業着でありましたが、第二次世界大戦時に英国海軍が北海勤務の水兵用コートに採用し、また、英国陸軍元帥のモンゴメリーが愛用したことで人気となりました。

DSC00320.jpg

クラシックなコートとしては珍しくフードが付いており、少しカジュアルなジェントルマンスタイルを表現したければこれほどの選択はありません。


2011-1026-150.jpg


元々は武骨でタフな作業着だったダッフルコートも、グローバーオールの哲学によってデザイン、素材、縫製すべてが見直され、タウンウェアにも十分な雰囲気を身に纏い、さらにイギリス生まれならではのチェックの裏地をつけるなど、あくまでデザインされたダッフルコートを作るのです。

2011-1026-151.jpg


そんなダッフルコートを手がけるメーカーとして一番に名が挙がるのが、代名詞的存在であるグローバーオール。創業は意外にも新しく1951年。軍の依頼により払い下げ品のダッフルコートを販売し、世界に広めました。前身の会社が『マスターテーラー』という名の仕立て屋だったこともあり、ミリタリーアイテムだったダッフルコートを高品質なファッションアイテムへと成長させてきた立役者で、ダッフルコートの歴史そのものと言って過言はありません。

もちろん、現在でも変わらぬクオリティで作りつづけられています。

本日ご紹介の一枚は大変希少なユニオンジャックタグ時代(1970年代)のものでVintageウール(ミリタリーなどで使われる非常にしっかりとしたウール素材)の貴重な一品です。

歳月を経ても人気の衰えないブランドだけあり妥協を許さない英国製のしっかりとした作りは一生物の一品と言えます。もちろん厚手のしっかりとしたウール素材は防寒性にも優れておりこれからの季節には重宝致します。

今季は巷でもブリティッシュものへの注目も高まって来ており、王道かつ不偏なダッフルコート、是非お試しあれッスわーい(嬉しい顔)

<素材>
ウール70%・ポリミアド20%・ポリエステル5%・その他5%


GLOVERALL ダッフルコート
19900円+TAX




おっとどんっ(衝撃)時間が遅くなりましたので急ぎますダッシュ(走り出すさま)


本日分の紹介ですexclamation×2




2011-1026-020.jpg
2011-1026-024.jpg
2011-1026-025.jpg

プルオーバーウールJKT
12900円+TAX


こちらも中肉のメルトン地を使用した変わり種の一枚。

ミリタリーファンの方ならちょっと連想してしまいますね…プルオーバー…パチポケ…メルトン地…

やはりプルオーバーものは今年も個人的なオススメですぴかぴか(新しい)

【PURITAN】のタグに「SKI LIFT」と書いてありますので、おそらくスキーウェアとして使用されていたものでしょうあせあせ(飛び散る汗)時代を感じますねわーい(嬉しい顔)



2011-1026-002.jpg
2011-1026-008.jpg

PENDLETON ニットJKT
9900円+TAX


こちらもなかなか見かける事のないタイプですねわーい(嬉しい顔)

ローゲージのニットにZIP UP、そしてパチポケットexclamation×2
タグが無ければ、Pendletonとはまず分からない一枚ですね。



2011-1026-012.jpg
2011-1026-016.jpg

レタードセーター
15900円+TAX


1文字が多いレターですが、3文字は希少度UP&オシャレ的にもいいバランス感ですわーい(嬉しい顔)




2011-1026-105.jpg
2011-1026-106.jpg

カウチンセーター
19900円+TAX


久しぶりに見ましたexclamation×2

黒カウチンexclamation×2

サイズもメンズのS程度とスタイリッシュにキメることができる一枚ですわーい(嬉しい顔)




2011-1026-032.jpg
2011-1026-035.jpg
2011-1026-039.jpg

EASTWEST スエードJKT
39900円+TAX


まだまだSPECIAL商材は続々と入荷していますよexclamation×2

初期に付くタグの場所(裾付近)、タグの形状、上質な革質、作り…このあたりからタグ表面の文字は擦れてしまい判別は付きませんが「EASTWEST」と判断させて頂きました。

その分、GOOD PRICEに設定しておきましたexclamation×2



2011-1026-042.jpg
2011-1026-043.jpg
2011-1026-047.jpg
2011-1026-049.jpg

LEVI'S ショートホーン スエードJKT
29900円+TAX


こちらは間違いなく、超目玉プライスの逸品ですexclamation×2


襟の切り返しが茶レザーのこちらは比較的定番と言われるタイプですが、やはり王道ならではの貫録のある一枚ですexclamation×2



2011-1026-122.jpg
2011-1026-125.jpg
2011-1026-131.jpg
2011-1026-129.jpg

Bass 編み上げブーツ
15900円+TAX


機能性を兼ね備えた、変わり種の一足。
ブランドは1876年に創業した老舗のシューズブランド。世界で始めてローファーを作ったという歴史を持つ本格的なブランド「G.H Bass」の一足となります。




2011-1026-133.jpg
2011-1026-134.jpg
2011-1026-135.jpg

JANSPORT バックパック
12900円+TAX


こちらも…


今日は変わり種が多いですね(笑)

使いやすさ=機能性を重視したデザインですが、それゆえ類を見ないデザインとなっております。
もちろんボトムや背当てのレザーの質感も上質で、70年代らしい堅牢な作りです手(グー)




2011-1026-091.jpg
2011-1026-092.jpg
2011-1026-094.jpg
2011-1026-096.jpg
2011-1026-102.jpg
2011-1026-101.jpg
2011-1026-103.jpg

LEVI'S 501ZXX
98000円+TAX


ラストは王道exclamation×2

501ZXXぴかぴか(新しい)

御存知、502の前身のモデルで、501はボタンフライ、501ZXXならびに502はジッパーフライモデルとして登場しました。
防縮加工がされていないシュリンク・トゥ・フィットの生地を使用していた事で、縮みによるジッパーの噛み合わせの不良が多発。

その後、XX表記の廃止に伴い、501ZXXも502へと移行されていくのですが

不思議な事に502も501ZXX同様シュリンク・トゥ・フィット(防縮加工がされていない生地)を使用しているのです。噛み合わせが問題視されていたにもかかわらず…


時代的にはすでにプリシュランクデニムは開発され、551ZXX→505で使用されていたはずなのに…。

501は西部、505は東部…そのあたりも関係があるのでしょうか…未だに曖昧な点ですふらふら

1954年から約1年間、501ZXXにも革パッチは存在します。本日ご紹介の一本は64年に502へ移行するまでの約9年間の中で作られた一本となります。


さてさて、続きは店頭にさせて頂き…

久しぶりにやって参りましたexclamation×2




ぴかぴか(新しい)「ポッキリ企画」ぴかぴか(新しい)



本日は5点出しております!!!


是非ご覧くださいわーい(嬉しい顔)





20100806-47.jpg
20100806-48.jpg

RALPH LAUREN ペインターパンツ
3000円+TAX



20100-827-029.jpg

70's LEVI'S レザーシューズ
3000円+TAX



6e251d3f8b.jpg

Clarks ワラビー
2000円+TAX



b9cd513ad2.jpg

VINTAGE ブーツ
2000円+TAX



20100910-02.jpg
20100910-03.jpg

70's LEE STORM RIDER
10000円+TAX




なかなかのクオリティではないでしょうか?!

店頭でも並行して並べていきますので、是非見に来て下さいねわーい(嬉しい顔)手(パー)


それでは今日はこの辺でぴかぴか(新しい)
posted by feeet 店員 at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記