2011年10月23日

サブのPICKUP

こんばんは。 



サブです。



最近自分のニックネームが一つ増えまして・・・




髪型がストリートファイターのキャラクター『ガイル』に似ていることから



ニックネームが『ガイル』に・・・



先日の夜、オーナーから一本の電話が・・・



第一声が『ガイルのペットはサブ』



全然意味が分からず??



しばらくしてガイルをウィキペディアで調べると、



ガイルの飼い犬の名前が『サブ』でした!!!



もはや運命を感じます。



これからもガイルへアーサブをよろしくお願いします笑












それでは本日の商品紹介です。















2011-1023-025.jpg
2011-1023-026.jpg

総柄リネンJKT
6900円+TAX




生地感はシャツに近いのですが、作りから見てJKTでしょうか。

カバーオールの様な作りにネイティブのような柄、生地はリネンと

面白みのある一着です。















2011-1023-008.jpg
2011-1023-013.jpg

レザーベスト
7900円+TAX




サイズは34と日本人にはもってこいのサイズ感です。

黒一色のベストも探すと見つからないですよね。

フロント、バックのヨークも独特な作りをしています。















2011-1023-032.jpg
2011-1023-034.jpg

EUROミリタリーJKT
5900円+TAX




EUROミリタリーと判断させていただきました。

背中のステッチ部分等を見るとEUROっぽいんのですが、

形はU.S.ARMYのM-41デニムカバーオールにそっくりですね。

世界各国のミリタリーは本当に尽きないので毎回驚いてばかりです。
















2011-1023-017.jpg
2011-1023-019.jpg
2011-1023-023.jpg

ガンジーセーター
9900円+TAX




恥ずかしながら自分は初めてみました。

ガンジーセーター。

その歴史は古く・・・

イギリス海峡南部にあるチャネル諸島のガンジー島の男たちによって編まれたセーターのことを

いいます。およそ100年ほど前にこの地の激しい海の上で漁業や造船業で働く人たちの労働着

としての条件を満たし、無事を祈る女性たちの手によって編み上げたものが、ガンジーセーターです。
















2011-1023-002.jpg

モヘアカーディガン
7900円+TAX













2011-1023-039.jpg

モヘアセーター
7900円+TAX




二枚とも良い柄です。

本店に負けずと2NDも良いもの入荷してます。















2011-1023-054.jpg
2011-1023-056.jpg

VINTAGE プルオーバーJKT
9900円+TAX



タイトルは『VINTAGE プルオーバーJKT』となっていますが、

EUROミリタリーの山岳部隊等で使用されていた物でしょうか。

なんとも判別が難しい一枚です。

生地はUS物の山岳部隊で使用されるオイルド加工したものではなく、

コットン製でガシッとした生地感です。

US物には見かけない色味も良いですね。














2011-1023-044.jpg
2011-1023-047.jpg
2011-1023-052.jpg

VINTAGE BRITISH ARMY プルオーバーJKT
49900円+TAX




ミリタリー好きの方には必見です。

BRITISH ARMY『英国軍』のプルオーバーJKT

恐らく40年代頃の山岳部隊のものと思われます。

丁度この頃に(WWU;第二次世界大戦時)イギリスではSAS(Special Air Service)

世界初の特殊部隊ができました。

このSASは、現在存在する特殊部隊の多くが見本とした最強の特殊部隊なんです。

そのSASには様々な部隊が存在し、山岳部隊も存在しています。

しかし、イギリスには高い山が無くドイツや北アフリカなどで訓練するそうです。

調べながら服を細かく見ていると、袖には山岳地帯にある岩や崖などへの対応を考えてか

肘から袖口にかけコットンの別布が補強してあります。

調べていくと、とても深そうな一着です。



















2011-1023-070.jpg
2011-1023-076.jpg

LEEKEE ブーツ
29900円+TAX



タグを見てみると『KOWLOON』と記載してあり『KOWLOON』とは九龍(きゅうりゅう)

広東語ではガウロン)英語ではカオルーンと読むそうです。

九龍は香港特別行政区領内に位置する市街地の一地域名を指すそうなんですが、

皆さんもご存知ですよね香港はイギリスの植民地でしたよね。

僕が小学校の頃『香港返還』と大きくニュースで取り上げられたのを憶えています。

この靴は恐らく70〜80年代頃だと思います。

イギリスの植民地とあってか縫製や、作りはしっかりしています。

ワークブーツのようなシルエットですが、フロントの独特な仕様は

ハンドメイドによるものなのでしょうか。



2011-1023-061.jpg

エンジニアブーツ
19900円+TAX




最後はほぼデッドストックのエンジニアブーツです。

エンジニアでは珍しくワイズが細身です。

この状態で、このお値段はかなりお買い得かと・・・



本日もありがとうございました。





スタッフ募集中
事務所スタッフのみです。

通販について

Lalaホームページ


ブログ最新情報はこちらから (15時以降にいち早くチェックできます)


WEBSHOPはこちらから
posted by feeet 店員 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記