2011年07月29日

店長スギの古着講座


こんにちはわーい(嬉しい顔)スギです手(パー)



ここ最近、Feeetはもちろんですが、Feeet姉妹店の



Laday's店【Lala】



の方にも時折立たせて頂いておりますかわいい





今日はそんな時のお話るんるん





なんとexclamation×2

なんとexclamation×2



Lalaのお客様にも、私が時折


長文で書かせて頂いている【古着講座】


を、いつも楽しみに、勉強して下さっているというお客様と


偶然にもお話させて頂きましたパンチ


さらに、Feeet&Lalaで今シーズンより取扱いスタートの


【SHANANA MIL】まで


お買い上げ下さり、楽しい時間を過ごさせて頂きましたぴかぴか(新しい)



Hさん、先日はありがとうございました。またLalaでゆっくりお話しましょうexclamation×2




そんなかんなで、俄然やる気急上昇の【古着講座】



本日もご紹介の商品数は少ないですが、出来る限り語っていきますので



お付き合い宜しくお願い致します手(グー)




本日は連日の告知通り


【秋物】の入荷商品を少々アップさせて頂きますひらめき



秋物というか、冬物も混ざっていますがご堪忍をたらーっ(汗)


では早速ダッシュ(走り出すさま)





2011-0729-080.jpg
2011-0729-083.jpg
2011-0729-084.jpg

WHITE STAG フード付きジップJKT
12900円+TAX


実際このWHITE STAG(ホワイトスタッグ)というブランドがいつ創業かと言われると前身のHIRSCH WEIS(ハーシュワイス/ヒルシュワイス)の起源に辿らなくてはなりません。

ホワイトスタッグは、ドイツ移民のヒーシュ・バエス氏(恐らくつづりはHIRSCH WEISだと…)によって創業。詳しい年代はすみません。分からないのですが、30年代にはスポジャケやスキーウェア、Feeetで取り扱いのRK&Jより復元された【アラインゲンガー】のようなものが存在していることや、ドイツ移民と言えば、Levis創業者Levi Strauss同様、1848年にアメリカ西海岸で起こったゴールドラッシュ期に乗じて…そんな推測がたちます。


そして本日、ご紹介の一枚は、HIRSCH WEIS(ハーシュ・ワイス)からWHITE STAGに移行された50〜60年代を経た70年代辺りの一枚と思われます。

このブランドの最大の特徴はやはり、他社にないデザイン・配色に尽きると思います。

当時は変わり物ブランドとしてみられていたであろう感がバシバシ伝わる、本日のJKT。


切り返しの鋭さが、私には前衛的に見えてしょうがありません。

現在WEB SHOPでは

こんなのも出ていますので是非チェックしてみて下さいわーい(嬉しい顔)


ちなみにブランド名のWHITE STAG=白鹿、そして前身のHIRSCH WEIS、こちらもドイツ語で【白鹿】なんで、ドイツ語から英語に変わっただけなんです。








続いてダッシュ(走り出すさま)






2011-0729-069.jpg
2011-0729-073.jpg

ARROW オンブレーシャツ
9900円+TAX



こちらもこの1年、古着市場では人気上昇から値段も見直され、上昇している


【オンブレーチェック】


古着市場では【シャドーチェック】と呼ばれることが多いこちらのチェックですが


【オンブレー】とは「濃淡をつけた、陰影のある」という意味で、これからぼかしという意味に使われています。ここから誰が言ったか分かりませんが、【シャドー】という言葉も生まれたのではと考えられます。

面白い世界ですねわーい(嬉しい顔)

現在の市場プライスは平均1万円代半ばの様ですが、今回はコンディションも見てなかなかのGOOD PRICEを付けさせて頂きましたexclamation×2





どんどん行きますよパンチ





2011-0729-059.jpg
2011-0729-062.jpg
2011-0729-065.jpg

ビンテージ 前Vスウェット
15900円+TAX



プリントからROGER WILLIAMSの看護学校、また中央にアンカーも見られることから海軍学校との関連性も気になるプリントです。

プリント技法は【フロッキープリント】


といっても、起毛部分は大分擦れており、そのUSED特有の雰囲気がVINTAGEとしての格を上げてくれています。

タグはございませんが、前V、リブ長、腹巻リブから50年代の要素も考えられるのですが、肉薄な生地感から60年代に入っているのではと判断させて頂いた1枚です。


しかしながらこの肉薄な生地が、これからの時期非常に使いやすかったりもしますよぴかぴか(新しい)




続きましてひらめき



ミリタリー好き必見exclamation×2





【E-1 VEST】のご紹介ですひらめき






2011-0729-002.jpg
2011-0729-007.jpg
2011-0729-009.jpg
2011-0729-006.jpg

ビンテージ U.S.AIR FORCE E-1 ベスト
12900円+TAX




え???がく〜(落胆した顔)



こんなの【E-1】ベストじゃないとお気付きの方もいらっしゃるのではないでしょうか!?


たしかに【E-1】ベストというとサイドに無線をいれる小型のポケットが付き、それを体に密着させるための5つのスナップボタンが付くストラップが付きます。



しかしながら、こちらのE-1ベスト、完全に様子が違いますあせあせ(飛び散る汗)



よく確認してみると、サイドのポケットは外され、フロントに大きなフラップを付け、その下にはハンティングJK等でよく見られる薬莢入れのようなものが付けられています。



本当に60年代以降、退役した方が、趣味のハンティングの為に改良して使用していたのか

はたまた

当時の技術者が自分の仕事にあった仕様に変えたのか


そのあたりは確実な事は言えませんが、なんにせよ時代の産物である事は間違いありません。



そもそも【E-1】ベストとは…



小型の救命無線機(サバイバル・ラジオ)が開発されたのは、第二次世界大戦終了直前で、当時、
技術上の制約から無線機本体を一気に小型化することは難しく、無線機本体と電源を分解し、
ケーブルで連結することで問題を解決していました。E−1ベストの両サイドに設置されたポケット
には、この2分割式救命無線機を収納して、胴回りのストラップは、無線機を飛行士の身体に
蜜着させる為のものでした。



少なくとも上記のような使用方法はこの【E-1】では出来ませんたらーっ(汗)


サイズはLarge表記ですが、案外大きくなく、すっきり着れます。さらにこの時期着てもそんなに暑くなく…すなわち冬に来てもそんなに温かくないんだろうな、と思わせる生地の厚さですあせあせ(飛び散る汗)





続いてひらめき

もういっちょミリタリーです手(グー)




2011-0729-089.jpg
2011-0729-092.jpg
2011-0729-093.jpg

ビンテージ U.S.ARMY タンカースJKT
15900円+TAX




本当、カッコ良かったですexclamation×2

と言いつつも本音は…もうやだ〜(悲しい顔)ウソです(笑)


いつもありがとうございますぴかぴか(新しい)






ラストは大物ひらめき




参りますexclamation×2









2011-0729-099.jpg
2011-0729-100.jpg
2011-0729-102.jpg
2011-0729-104.jpg

GANDALF レザーJKT
88000円+TAX



70年代を代表するレザーブランド【Gandalf】(ガンダルフ)

やはり70年代という時代背景もあってか、デザインには目を疑うような奇抜なものが各有名ブランドから出されており、もちろんガンダルフも例外ではございません。

しかしながら本日ご紹介のコチラぴかぴか(新しい)

ご覧頂くとお分かりの通り

非常にシンプルに、スマートに、カッコよく…そんな言葉が似合う1枚ではないでしょうかグッド(上向き矢印)とはいえ細部に魅せるデザインは健在で、十二分に堪能して頂けるものと思います。

牛革を使用し、多少前のオーナーのしわ感は出ておりますが、これから着用される方にもそまるレベルです。

画像以上の衝撃は感じていただけると思いますので、是非見に来て下さいねわーい(嬉しい顔)手(パー)




本日は以上となりますぴかぴか(新しい)


それでは、今月も残り2日ですねかわいい

Lalaの方では現在SALEを開催していますが、そちらも今月一杯、残り2日となりましたので、是非このチャンスを活かして下さいね手(グー)



それでは皆様よい週末をわーい(嬉しい顔)手(チョキ)
posted by feeet 店員 at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記