2011年07月24日

店長スギの古着講座

こんにちはわーい(嬉しい顔)スギですぴかぴか(新しい)



今日は、なかなか語れそうなアイテムが多数入荷していますので早速ダッシュ(走り出すさま)



まずは昨日のブログでもチラッとご紹介がありました、コチラぴかぴか(新しい)



2011-0724-086.jpg

トゥ部分にはサービスシューズなどでもお馴染み
トゥキャップがあると思わせながら、実はステッチのみの非常に簡素な作り


2011-0724-088.jpg

さらにコバにあるアウトソールとアッパーの中間の革をウェルト(注1)と呼ぶのですが、それがかかと付近までしかないという、これまた簡素化を考えたような作り

(注1)アッパー、中底、アウトソールを縫製によって連結する為に仲介をなす革帯

靴の作りとしては【ステッチダウン製法】と呼ばれる製法ではないかと思います。この製法の場合、安価で軽量、さらに機密性も高くブーツに用いられることの多い製法です。



2011-0724-099.jpg

DEADSTOCK ワークブーツ
12900円+TAX


そして形はミリタリーのサービスシューズを彷彿させる…といいますかサービスシューズと瓜二つ。

革質から大量生産期頃の60年代製

そして上記の理由より


こちら【PRISONER=囚人】用に支給されていたものと判断しております。
現在Feeetでは10〜11までのサイズを少量ではストックしてあります。

非常にお求めやすい価格ですので、気になった方はFeeetまでダッシュしちゃって下さいダッシュ(走り出すさま)



2011-0724-062.jpg

Patagonia 総柄シャツ
7900円+TAX



'79年創業から約20年後の'99年度最終ラインのニューフェイス【パタロハ(pataloha)】
社名とアロハをドッキングさせたこのPataloha、その名の通りPatagoniaの中でもアロハシャツのラインとしてスタートしました。

このシャツを発見した時、間違いなく【Pataloha】発見!!


と思いきや


さらにとは言えませんが、なかなか見掛けることの少ないレアタグでしたexclamation×2




93年〜94年製造のタグです。

さらにPatalohaがスタートする5年も前の一枚で、このハワイアンっぷりは、

なにか前身のような柄ですね……想像豊かですみませんたらーっ(汗)






さてさて続いてはひらめき








必見exclamation×2




【Bruce Weber】








2011-0724-055.jpg










2011-0724-057.jpg

BRUCE WEBER T/S
9900円+TAX


ブルース・ウェーバーはアメリカ合衆国ペンシルベニア州グリーンバーグ生まれの写真家、映画監督。
現在古着市場でも非常に人気で高額で取引される程の認知度となった方です。

1973年、業界誌 『Men's Wear』 で写真家としてデビューし、82年にはカルバン・クラインの下着ラインの広告写真に、当時はまだは一般的ではなかった男性のヌードを使用。本日ご紹介の一枚も、そのあたりをうかがい知ることのできるフォトです。

この成功によりウェーバーは一躍'80年代を代表する商業写真家となります。

カルバン・クラインの他にはラルフ・ローレン、アバクロンビー&フィッチの広告写真などが有名です。

一方古着市場でのブルースウェーバーの評価は、やはりTeeです。


その中でも特にというものが【SUMMER DIARY】シリーズ。


以前、オーナーのブログで紹介されていたアレですねぴかぴか(新しい)




今回は残念ながらそのシリーズではございませんが、サイズ・コンディション共になかなかの一枚ですの要チェックして下さい!!




続いてもぴかぴか(新しい)




必見2ッスexclamation×2







2011-0724-043.jpg












2011-0724-049.jpg

THE DAMNED T/S
19900円+TAX



1976年にイギリスにて結成されたパンクバンド。
sexpistles,The Clashに続き、ロンドン3大パンクバンドの1つでもあります。

当時のパンクバンド=社会批判・政治批判のメッセージ性が強い曲調がほとんどですが、
ダムドはどちらかというと、純粋にパンクの音を楽しんでいるような他のバンドの群を抜くスピード感・ビートが特徴。

それは後に80年代に生まれるハードコアやパンクに大きな影響を与えたと言われています。




と、やはり私がパンクバンドのTeeを紹介しようとすると、うちのスズキックスが割り込んできますわーい(嬉しい顔)手(パー)


コピーライト1986年もしっかり確認出来ますパンチ






ラストはダッシュ(走り出すさま)







【A-2】






参ります手(グー)









2011-0724-071.JPG


A-2の歴史をたどって見た時


本日ご紹介の一枚のような【Goat skin】を使用したA-2は

1941年【ROUGH WEAR CLOTHING】

に始まり

1943年【BRONCO MFG.CORP】

1942年には3社から納入されていました。



タグがなくなってしまっている為どの会社、年代かの判別は


現状、私の知識、経験ではまだ難しく確実には言えません。



しかしながら、この各ディテール



2011-0724-074.jpg


40'sTALON社製


2011-0724-076.jpg


コの字留め



2011-0724-078.jpg


ポケット内側に付く、詳細の不明の紙タグ




2011-0724-072.jpg

VINTAGE A-2 JKT
49900円+TAX



色々な見方は出来ると思いますが

40Sオリジナルの一枚と判断しておりますexclamation×2

タグが欠損、不明の紙タグと不安要素は御座いますが、経年変化による革の退色、雰囲気はオリジナルならではです。


既に店頭に並んでおりますので、是非一度見に来ていただき、ご意見お聞かせ下さいるんるん





本日は


ちょっと余談的になってしまうのですが…



こちらのアイテム



勿論、シンプルな染み込みプリントに



私たちは12番です!!という、意味深かつストレートなメッセージ



非常にCOOLな一枚なんですが…

2011-0724-037.jpg




プリント T/S
3900円+TAX



ちょっとどうしても、私的な理由で紹介だけしたかったんです!!

中学生の時の私の出席番号が12番だったんです。

杉岡の【す】で12番ですよ。


早くないっすか(笑)




今日はなんともおかしな終わり方ですみませんたらーっ(汗)


明日もちょっといいモノ出てきますのでお楽しみ下さいぴかぴか(新しい)


それではわーい(嬉しい顔)手(パー)



スタッフ募集中女性スタッフの募集は終了しました。

通販について

Lalaホームページ


ブログ最新情報はこちらから (15時以降にいち早くチェックできます)


WEBSHOPはこちらから
posted by feeet 店員 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

【HINSON】入荷のご案内


こんにちはわーい(嬉しい顔)スギです手(パー)




先日、当店に【HINSON】のお問合せ&ご要望を頂いておりました。

(先日HINSONハンティングJKをお買い上げ頂いた方、大変申し訳御座いません。連絡先を紛失してしまいこのような形でご連絡させていただきます)



お待たせ致しました。

一枚入荷致しましたので






急遽、ブログ更新させていただきますわーい(嬉しい顔)







 前回入荷したこちらのHINSONとは



ボディのカラー、タグ


そして、バックデザインが大きく違います



まずは全体の画像

DSC09854.jpg

DSC09855.jpg

サイズ40にしては、丈も長すぎず、スッキリと着れるサイズです。


DSC09852.jpg

フロントは

DSC09846.jpg

このトップボタンがボタン留めで残りがスナップボタンとなります。



そして特徴的なバックデザイン

DSC09850.jpg


襟下に付く4つのスナップボタンを外すと


DSC09849.jpg


かなりはだけちゃいます(笑)



その他にも

DSC09848.jpg


DSC09845.jpg

DSC09844.jpg



フロントポケットデザイン、袖口裏のコーデュロイと細部も

しっかりハンティングしています!!


そして気になる<タグ>はこちら。


DSC09853.jpg


50年代〜60年代製のものと判断しています。
先日ご紹介させていただいた紺ベースや赤ベースにHINSONの文字が記載されているものはたまに見かけますが、こちらの犬がのったタグ、初めて見ました。



お問合せいただいておりましたお方、如何でしょうか?

詳細はメール、もしくは電話でお答え致しますのでいつでもご連絡下さいわーい(嬉しい顔)


それでは、失礼します。



※いつも通りのブログもこの後ありますのでそちらもお楽しみください!!


posted by feeet 店員 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記